株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

電源機器 

プログラマブル交流電源

DPシリーズ

 

DPシリーズ

低周波イミュニティ試験
低周波エミッション試験
パワコン系統連系認証試験
系統模擬電源
電波暗室用CVCF
電圧変動試験
突入電流試験
デバイス評価
モータ評価
インバータ評価
電圧変換
周波数変換

 

 

ラインナップ

NEW

2020/1/30  ラインナップ5機種追加

DP160LS:  単相 16kVA
DP240LM:  マルチ相 24kVA
DP360LM:  マルチ相 36kVA
DP150RS:  単相 15kVA (回生・逆潮流対応)
DP180RS:  単相 18kVA (回生・逆潮流対応)


  概 要 税抜価格  

DPシリーズ

プログラマブル交流電源
単相1.5kVA~三相144kVA
単相、単相三線、三相、マルチ相

海外(中国・アジア等)向けモデル

DP-Gシリーズ / DPシリーズ Type K 右

キャンペーン実施中!

¥648,000~
(単相1.5kVA)

詳細

DPシリーズ

Type R

プログラマブル交流電源
回生/逆潮流対応

単相1.5kVA~三相27kVA
単相、単相三線、三相

¥842,000~

(単相1.5kVA)

詳細

 

 

 

DPシリーズの特長 │ データが示す実力 安定した出力波形

高ロバスト性・低ひずみ

負荷を選ばない 容量性負荷・誘導性負荷を安定駆動

DP シリーズは、従来品のように負荷条件によって交流電源側の応答特性を切り換えることなしに、 容量性負荷でも誘導性負荷でも安定して駆動することができます。 電波暗室などにおいて、商用ラインから混入するノイズを低減するためのラインフィルタには、 大容量コンデンサが使用されます。右の図は、大容量コンデンサを負荷としたときの出力波形です。 発振やひずみもなく、安定した出力を示しています。DPシリーズは負荷(試験対象)を選ばず、多様な用途をカバーします。

 

 

負荷を壊さない 可変ピーク電流リミッタ機能

ピーク値(正負)および実効値で電流を自在に制限できる電流リミッタを装備。 負荷の異常動作によって過電流が発生した場合の保護などに有効です。 また、突入電流が大きい負荷の場合、リミッタで電流を制限することにより、 突入電流にあわせて電力容量の大きい電源を導入する必要はありません。

負荷(試験対象)の電源を入れると、PFC(力率改善回路)が動作する際に大きな突入電流が流れます。 交流電源によっては、この時に保護がかかる場合があります。 右の例では、PFC が動作可能な電流値(±12A)にピーク電流リミッタ値を設定することで、 出力を停止せずに駆動し続けることができます。

 

 

ピーク電流リミッタを使用した各種負荷の駆動

DP シリーズのリミッタ動作時は、電流のピーク値が一定値になっており、電圧とともに安定した出力波形が得られます。 一般的な交流電源のピーク電流リミッタ機能では、 オーバシュートの発生やピーク電流が一定値にならない場合があります。

出力波形の比較 実測データ

 

低ノイズ

伝導・放射ともに低ノイズです。 下のデータが示す通り、 電源を停止した測定系のみの暗ノイズ実測値と同レベルです (データが重なっています)。CISPR / EN 規格の限度値を大きく下回る低ノイズです。 また、ノイズフィルタとの共振も発生していません。 圧倒的な低ノイズにより、電波暗室やシールドルーム用電源としても最適です。

 

 

回生・逆潮流対応

DP シリーズ Type R は、負荷からの逆潮流(回生)電力を100%*1吸い込むことが可能です。 系統連系や回生負荷の試験には、DP シリーズType R をお選びください。 また、20ms 以内で100% 逆潮流を許容するモデル*2もラインナップ 。 力率改善用に交流リアクトルを持つインバータなどで、 電源をオフした際に生じる短時間逆潮流に対応します。

*1 最大出力電流(実効値)の100%(3 分間)、50%(連続)

*2 ラインナップ表をご確認ください

 

 

DPシリーズ Type R >>

 

直流電源として

交流と同容量の直流を出力します。 シーケンス機能付の最大±454V出力可能な高速直流電源として使用できます。

 

充実の周辺機器・ソフトウェア

低周波EMC試験や系統連系試験を行うための周辺機器(電圧ディップシミュレータ、リファレンスインピーダンスネットワーク等)や試験ソフトウェアも充実。
試験内容にあわせて、計測装置や電源装置を組み合わせたシステムアップも可能です。

周辺機器

周辺機器・ソフトウェア >>