株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

プログラマブル交流電源

DPシリーズ

 

シーケンス

周波数、電圧、時間などのパラメタをプログラムして順次出力することができます。繰り返しやジャンプなども可能。設定は、パネル面またはリモートコントローラ、付属のコントロールソフトウェアから行えます。長大で複雑な出力パターンも簡単にプログラムできます。

シーケンス設定

   ▲シーケンス設定

 

設定内容

  • ステップ数
    最大255(1シーケンス内)
  • パラメタ
    ステップ時間、出力レンジ、AC/DCモード、直流電圧、交流電圧、周波数、波形、ステップ開始位相/終了位相、位相角、ステップ終端、ジャンプ回数、ジャンプ先ステップ指定、ステップ同期出力(2bit)、ブランチステップ指定、トリガ出力
  • シーケンス制御
    開始、停止、ホールド、リジューム、 ブランチ1、ブランチ2
  • ステップ時間設定範囲
    0.0010s~999.9999s
  • ステップ内動作
    一定、保持、リニアスイープ
  • メモリ数
    5(不揮発性)

シーケンス機能 出力例

シーケンス機能出力例
シーケンス編集例

コントロールソフトウェア

付属のコントロールソフトウェアでシーケンスの編集、保存、転送などを容易に行うことができます。
詳しくはこちらへ>
シーケンス編集画面
▲シーケンス編集画面

 

アプリケーション

  • 各種電子機器の電圧変動試験で、刻々と変化するパターンや長大で複雑なパターンのシミュレーション
    三相機器の不平衡試験>