技術者として活躍できる場

研究開発型企業。技術者として活躍できる場があります。

当社は、従業員の約7割を設計・開発/技術営業といった技術系の職種が占める研究開発型企業。
それだけに技術者のための育成体制・開発環境・開発プロジェクト体制が充実しており、技術力を高め、技術者として活躍できる場があります。

開発スタイルは、電気・ソフト・機械系の各技術者がプロジェクトチームを組んで一つの製品を開発していくのが基本ですが、当社の人数規模は大きくない為、開発プロジェクトの人数規模も少数精鋭。1人ひとりが担う範囲は大きいものになります。基礎技術の研究から、製品企画・仕様決め、開発、試作、試験、生産立ち上げまで、幅広く携わる機会があります。

イメージ写真

また、開発プロジェクトの多くは、他社を圧倒する高性能・高機能の追求が求められるもの。こうした中で若い社員は、先輩について補助的・部分的な工程から担当し、指導を受けながら開発を進め、徐々に大規模な設計を任されていきます。設計以前に学術的な理論を学ぶことが必要な場面も多く、深く掘り下げられた設計・開発スキルを身につけていきます。

ベテラン社員は、開発プロジェクトを重ねていく中で、様々な技術領域の中から適性や希望に応じて自らの専門性を極めていきます。
特定の技術領域に特化するタイプ、幅広い領域に強みを持つタイプ、技術的なベースを活かしながら製品企画に強みを発揮するタイプなどなど...

そうして極めた技術力をもって、次々と開発プロジェクトに臨んでいきます。

技術力を高められる環境です。

本社の敷地内には、オフィス、作業場、製造工場(グループ会社)がレイアウトされており、東京・横浜から容易に通勤可能な立地でありながら、設計・開発 ~ 試作品製作 ~ 製造工程での最終チェックまでを一箇所で実現する、シームレスな開発環境が整っています。

技術者オフィスのすぐ近くに作業場も設置されており、そこでは大型キャビネットに満載の計測器や、コンデンサ・抵抗・半導体といった数百種類の部品を自由に使うことができます。

当社が追求する高性能・高機能の実現には、机上の設計だけではなく、作業場での試作・検証が欠かせません。1日の大半を作業場で過ごすことも。

しかし、開発環境のポイントは、 “設備” よりも、 “人”。
当社には、技術の話が大好きな社員が多く、折に触れて技術の話で盛り上がったり、後輩に技術を教えていく風土があります。

この集団の中で切磋琢磨、技術力を研鑽していく風土こそが、当社の技術力、技術者として技術力を高められる環境の源です。

イメージ写真

アナログ/デジタル、パワーエレクトロニクス/微小信号、電気/ソフト/機械など、それぞれの領域で技術が何より好きなベテランの技術者が活躍しています。

採用に関するお問い合わせおよび新卒採用エントリーは、下記よりお願いします。

株式会社エヌエフ回路設計ブロックWebサイトはCookieを使用しております。引き続きWebサイトを閲覧・利用することで、Cookieの使用に同意したものとみなします。Cookie情報の取扱いに関しての詳細は、Webサイト利用規約をご覧ください。 Webサイト利用規約

Webサイト利用を続ける