プログラマブル交流電源DPシリーズ

DPシリーズ

一部機種はCEマーキングに対応していません。

概要

多様化する評価・試験ニーズに応える、オールラウンドプレイヤー

高品位波形・高ロバスト・充実のラインナップ

主な特長

  • 低ひずみ、高安定性、低ノイズ  特長 データで見る実力
  • 出力電圧(100Vレンジ/200Vレンジ)
    • AC:0V~160V/0V~320V、AC:40Hz~550Hz、ACDC:1Hz~550Hz
    • DC:−227V~+227V/−454V~+454V
  • 豊富なラインナップ 単相1.5kVA~三相144kVA
  • 回生・逆潮流対応モデルをご用意
  • 計測機能、電流リミッタ、保護回路、リモートセンシング/AGC/オートキャル
  • シーケンス、電源変動、クリップ正弦波、任意波形、アプリケーションソフトウェア標準添付

NEW リモートモニタサービス開始

豊富なラインナップ

単相・単相3 線・三相の多様な電力容量をラインナップ。単相1.5 kVA から最大で三相144 kVA まで、最適なパワーを提供。

  • マルチ相モデルは、1 筐体で単相/ 単相3 線/ 三相切換えが可能
  • 12 kVA までは、1 筐体で単相3 線出力・三相出力を実現
  • 単相の同一モデルの組み合わせにより、単相3 線・三相システムを構築
  • 回生・逆潮流に対応するDP シリーズ Type R をラインナップ
  • 単相16 kVA/42 kVA/48 kVA、マルチ相 6 kVA/12 kVA/18 kVA/24 kVA/36 kVA は、短時間逆潮流(20 ms、100%)に対応
  • 海外(中国・アジア等)モデルとして、2つのシリーズを用意 (DP-Gシリーズ、DPシリーズ Type K)、海外拠点への持ち出しにご検討ください。

DPシリーズラインナップ

3年保証  DPシリーズは、日本国内での使用に限り、3年間の無償修理を保証しています。


ご注意

DPシリーズは、単相3線モデル*、DP-Gシリーズ、DPシリーズ Type Kを除いて、
輸出貿易管理令別表第1、2項(8)周波数変換器の該当品です。
日本国外に持ち出す際は、日本国政府の輸出許可が必要です。

* 単相3線モデル:DP030D、DP060D、DP090D、DP120D、DP030RD、DP060RD、DP090RD

特長

データで見る実力

データが示す実力 — 安定した出力波形

高ロバスト性・低ひずみ

負荷を選ばない ~容量性負荷・誘導性負荷を安定駆動~

DP シリーズは、負荷条件などによって応答特性の切り換えは不要で、容量性負荷も誘導性負荷も安定して駆動します。加えて、低ひずみかつ安定した出力が得られます。
電波暗室やシールドルームなどで、商用ラインから混入するノイズを低減するために挿入するラインフィルタには、大容量コンデンサが使用されます。
右のグラフは、大容量コンデンサを接続した出力波形です。発振やひずみもなく、安定した出力を示しています。
DPシリーズは負荷(駆動対象)を選びません。

コンデンサ負荷 出力波形 実測データ

コンデンサ負荷 出力波形 実測データ
負荷を壊さない ~可変ピーク電流リミッタ機能~

ピーク値(正負)および実効値で電流を自在に制限できる電流リミッタを装備。リミッタ動作は、自動復帰または出力オフを選択可能です。

  • 開発試作品の評価において、負荷の異常動作により過電流が発生した場合の保護に有効です。
  • 突入電流の大きい負荷の場合、リミッタ機能を用いることで、突入電流にあわせて電力容量の大きい電流を導入する必要はありません。

こんな使い方も・・

DPシリーズの出力をオンにし、装置(負荷)の電源スイッチを入れると、PFC(力率改善)回路が動作して大きな突入電流が流れます。
交流電源によっては、この時に保護がかかる場合があります。
上の例では、PFCが動作可能な電流値(±12A)にピーク電流リミッタ値を設定することで、出力を停止せずに駆動し続けることができます。

PFCを搭載した負荷の例

PFCを搭載した負荷の例

低ノイズ

伝導・放射ともに低ノイズです。 下のデータが示す通り、 電源を停止した測定系のみの暗ノイズ実測値と同レベルです (データが重なっています)。これは、CISPR / EN 規格の限度値を大きく下回る低ノイズです。
また、ノイズフィルタとの共振も発生していません。 圧倒的な低ノイズにより、電波暗室やシールドルーム用電源としても最適です。

雑音端子電圧 実測データ

雑音端子電圧 実測データ

放射エミッション 実測データ

放射エミッション 実測データ

回生・逆潮流

力行時には高効率を保ちつつ、100%*1の逆潮流許容量があるDP シリーズ Type Rは、逆潮流を気にせずに、各種電源試験が可能です。系統連系や回生負荷の試験には、DP シリーズ Type Rをお選びください。
また、20ms以内で100%逆潮流を許容するモデル*2もラインナップ。力率改善用に交流リアクトルを持つインバータなどの電源をオフした際に生じる短時間逆潮流に対応します。

双方向インバータ 出力波形 実測データ

双方向インバータ 出力波形 実測データ

直流電源として

交流と同容量の直流を出力します。 シーケンス機能付の最大±454V出力可能な高速直流電源として使用できます。

シーケンス機能付の最大±454V出力可能な高速直流電源として使用

ステップ応答特性の比較 実測データ

ステップ応答特性の比較 実測データ(DPシリーズ)
ステップ応答特性の比較 実測データ(汎用直流電源)

基本性能・機能

交流電源に必要とされる様々な機能をカバー

出力特性

低ひずみで高い出力安定度を実現。さらに、大容量コンデンサ負荷に対しても安定動作。
多彩な出力モードと広い出力範囲で、お客様のご要求に確実にお応えします。

AC/DCモード AC、ACDC、DC
出力電圧・周波数
AC 100Vレンジ 200Vレンジ 分解能
出力電圧 0V~160V 0V~320V 0.1V
周波数 AC:40Hz~550Hz
ACDC:1Hz~550Hz
0.1Hz
DC 100Vレンジ 200Vレンジ 分解能
出力電圧 -227V~+227V -454V~+454V 0.1V
出力電流変動

±0.15V以内(75V~150V)/±0.30V(150V~300V)
(出力電流を最大電流の0%~100%に変化させた場合 DC, 45Hz~65Hz)

最大ピーク電流

最大電流(実効値)の4倍または3倍(クレストファクタ4または3のコンデンサインプット型整流負荷に対応)

波形ひずみ率 0.5%以下
効率 77%以上
  • ACモード
    40Hz~550Hzの交流を出力するモード。出力の直流成分がキャンセルされますので、直流成分によってコアが磁気飽和を起こすトランスの試験にも対応可能です。
  • ACDCモード
    直流に交流成分を重畳、あるいは交流に直流成分を重畳(オフセット)させる場合、1Hz~40Hzの交流出力や、直流を含む信号を増幅する場合に使用するモード。電圧急変、位相急変などの一時的に直流成分が発生する電源変動試験ではこのモードを使用します。DC-DCコンバータのノイズ重畳試験やコンデンサのリップル試験などが可能です。
  • DCモード(単相モデル、マルチ相モデルの単相出力時のみ)
    直流のみを出力するモード。比較的低電圧の出力でも高いSN比を実現。電流リミッタ機能と併用することで、直流電源として高いパフォーマンスを発揮します。

回生・逆潮流対応

DPシリーズ Type Rは、負荷からの逆潮流(回生)電力を3分間100%、連続では50%吸い込むことが可能です。吸い込んだ電力は系統に逆潮流せずに、電源内部で処理されます。

  • 最大逆潮流容量
    最大出力電流(実効値)の40%
    (連続、30℃~40℃)
    最大出力電流(実効値)の50%
    (連続、30℃未満)
    最大出力電流(実効値)の100%
    (3分間、40℃以下)
  • 逆潮流電力を交流電源内部で処理、系統への逆潮流なし
    電力会社との連系協議不要
  • DCモード時の吸い込み(シンク)にも対応
系統模擬電源として

充実の計測機能

電圧・電流・電力に加え、負荷力率・クレストファクタ、さらに40次までの高調波電流計測にも対応します。また、稼動時のCO2排出量を表示し、CO2抑制対策をサポートします。

計測項目
  • 電圧:実効値、直流平均値、ピーク値
  • 電流:実効値、直流平均値、ピーク値、ピークホールド値
  • 電力:有効電力、皮相電力、無効電力
  • 高調波電流*1:40次まで
  • 負荷力率
  • クレストファクタ
  • 同期周波数(外部信号入力 SYNCモード時)
  • CO2排出量*2
  • IEC規格等に適合した計測ではありません
  • 12kVAモデルまで、ただしDP060LMおよびDP120LMを除く
表示

計測値の画面表示は、ノーマル表示とシンプル表示の2種類。使い方によってお選びください。

  • ノーマル表示:
    ほぼすべての設定値と計測値を一画面表示(高調波電流計測は除く)
  • シンプル表示:
    計測値3項目を選んで、大きく表示
画面表示例(ノーマル表示/シンプル表示)

操作性

見やすい大型ディスプレイでスムーズなパネル操作。頻繁に使う電圧や周波数の変更はワンキーで、テンキー・十字キー・ジョグシャトルによる数値設定など、作業効率の向上を重視しています。

フロントパネル ボタン解説
操作パネル
  • 5.7インチ液晶ディスプレイ
  • 電圧、周波数などは、ワンキーで画面呼び出し
  • テンキー、十字キー、ジョグシャトルで、数値を確実かつ速やかに設定
  • 確度を2段階に設定可能*
操作パネル(角度調整)

* 筐体タイプType5、Type5L、Type6、Type6Lでは設定できません。

電流リミッタ

ピーク値(正負)および実効値で電流を制限できる電流リミッタを装備。負荷の異常動作によって過電流が発生した場合の保護に有効です。
また、突入電流が大きい負荷でも、リミッタで電流を制限することで継続的な駆動が可能なので、突入電流に合わせて電力容量の大きな電源を導入する必要がありません。

  • 設定
    正負電流ピーク値、電流実効値
  • リミッタ動作
    自己復帰(連続)または出力オフ
    出力オフまでのリミット状態継続時間を指定可(1s~10s、分解能1s)
ピーク電流リミットの活用例

ピーク電流リミッタを使用した各種負荷の駆動 ~出力波形の比較~

DPシリーズはリミッタ動作時にも、安定した出力波形が得られます。

ピーク電流リミッタを使用した各種負荷の駆動 ~出力波形の比較~

保護機能

電源投入時の自己診断機能と、通電動作中の保護機能により、電源を安心してご使用いただけます。異常が発生すると、異常状況をパネルに表示し、出力をオフします。

通電動作中の保護機能
  • 出力異常(過電圧、過電流)
  • 内部制御異常(操作パネルや通信)
  • パワーユニット異常
  • 周囲温度の上昇や電源電圧の低下による異常

リモートセンシング / ACG / オートキャル

配線により、負荷端では電圧降下が起こる場合があります。DPシリーズは、設定した電圧を安定して供給するための機能を装備しています。

  • リモートセンシング(Remote Sensing)
    計測および出力補正に用いる電圧検出点を出力端子電圧、センシング入力端子電圧のいずれかに切り換える機能。
    AGC、オートキャルと併用して、出力電圧を補正。
  • AGC(Automatic Gain Control)
    検出点電圧と出力電圧実効値を一致させるよう、連続的に補正する機能。
    負荷が変動しても、設定値と等しくなるよう自動補正。
  • オートキャル(Automatic Calibration)
    オートキャルをオンするたびに検出点電圧を計測し、出力電圧実効値が電圧設定値と等しくなるよう補正する機能。
リモートセンシングとAGCを使う場合

インタフェース

各種インタフェースと外部制御入出力で、システム化や自動化に柔軟に対応します。

  • インタフェース
    • RS-232、USB(標準搭載)
    • GPIB、LAN-LXI、またはLAN-IoT(注文時選択)
      LabVIEWドライバ標準添付
  • 外部制御入出力(CONTROL I/O)
    • PLCなどからの制御可能
    • 制御入力 :出力オン/オフ、シーケンス制御、メモリリコール(基本設定メモリ、シーケンス、電源変動試験)
    • ステータス出力:電源オン/オフ、出力オン/オフ、保護動作、リミッタ動作、出力レンジ、シーケンス・電源変動試験のステップ同期 など
インタフェース部

機種によっては周辺機器接続用のコネクタを装備しています。

電源入力

電源入力はワールドワイド対応です。単相、三相3線、三相4線の中からご注文時に指定いただきます。指定可能な電源入力は機種により異なります。

容量 1.5kVA 3kVA 4.5kVA~12kVA 15kVA~48kVA
単相 100V~230V*
三相3線 200V~220V
三相4線 380V

* DP060LM、DP120LMの単相入力は200V~230V

  • 電源入力ケーブル(オプション)
    電源入力、電力容量にあった電源入力ケーブルをご用意しています。
  • ケーブルホルダ(オプション)
    電源入力ケーブルおよび出力ケーブルを固定するためのホルダです。
    機種およびご注文時指定の電源入力によって異なります。
リア(単相モデル)

電源出力

単相モデル(12kVA以下)のフロントパネル下部には、AC出力アウトレット(NEMA 5-15:日本/北米向け)を2個装備。
ご注文時に欧州向け(CEE7)のご指定も可能です。
(欧州向けの場合、型名末尾に”E”がつきます。)

電源出力 フロント(単相モデル)

多彩な出力

試験の自動化など、様々なニーズに対応

シーケンス

周波数、電圧、時間などのパラメタをプログラムして順次出力します。パネル面、リモートコントローラ(別売)または付属のコントロールソフトウェアから設定します。ソフトウェアを使えば、長大で複雑な出力パターンも容易にプログラムできます。

設定内容
  • ステップ数
    最大255(1シーケンス内)
  • パラメタ
    ステップ時間、出力レンジ、AC/DCモード、直流電圧、交流電圧、周波数、波形、ステップ開始位相/終了位相、位相角、ステップ終端、ジャンプ回数、ジャンプ先ステップ指定、ステップ同期出力(2bit)、ブランチステップ指定、トリガ出力
  • シーケンス制御
    開始、停止、ホールド、リジューム、 ブランチ1、ブランチ2
  • ステップ時間設定範囲
    0.0010s~999.9999s
  • ステップ内動作
    一定、保持、リニアスイープ
  • メモリ数
    5(不揮発性)

出力パターン例

出力パターン例

長大で複雑な出力パターンの編集には

付属のコントロールソフトウェアにシーケンス編集機能が用意されています

コントロールソフトウェア

電源変動

電源変動試験

停電、電圧上昇、電圧降下、位相急変、周波数急変などの電源ラインの異常をシミュレーション。試作品の評価や製品検査における各種電源変動試験に対応します。パネル面、リモートコントローラ(別売)または付属のコントロールソフトウェアから設定します。

  • 本機能は、IEC等規格試験の本試験には対応していません。
電源変動試験
  • ステップ数
    6(初期、定常1、移行1、異常、移行2、定常2)
  • 設定項目
    ステップ時間、出力レンジ、交流電圧、周波数、ステップ開始位相、ステップ終了位相、トリガ出力 など
  • 波形 : 正弦波
  • メモリ数 : 5(不揮発性)

電圧変化のシミュレーション例

電圧変化のシミュレーション例

電源変動試験の設定・編集

付属のコントロールソフトウェアに電源変動試験編集機能が用意されています

コントロールソフトウェア

クリップ正弦波

正弦波のピークをクリップさせた電圧波形を出力できます。設定は、クレストファクタ(CF)またはクリップ率(ピーク値に対するパーセント)で行います。

  • CF設定範囲
    1.10~1.41(実効値補正あり)
  • クリップ率設定範囲
    40.0%~100.0%
  • メモリ数 : 3(不揮発性)

クリップ正弦波

任意波形

正弦波のほか任意波形も出力できます。任意波形は、付属のコントロールソフトウェアを使用して簡単に作成できます。外部インタフェースまたはUSBメモリを介して、本体のメモリに保存して使用できます。

  • 振幅分解能 : 16bit
  • 波形長 : 4096ワード
  • メモリ数 : 16(不揮発性)
任意波形例

任意波形の編集

付属のコントロールソフトウェアに任意波形編集機能が用意されています

コントロールソフトウェア

コントロールソフトウェア

コントロールソフトウェアは、基本コントローラ、電源変動試験、シーケンス、ロギング機能、任意波形作成機能を備えたプログラムです。基本パラメタの設定と各種データの作成・編集を行うことができます。
開発時・試作時における試験・計測、生産・検査ラインにおけるシステム化・自動化を快適かつ高度にサポートします。

基本コントローラ

コントロールソフトウェア(基本コントローラ)

電圧、周波数、電流リミッタなど、出力の基本パラメタ設定、保存、読み出しが可能。
PCを利用したリモートコントローラとしてお使いいただけます。

シーケンス

コントロールソフトウェア(シーケンス)

周波数、電圧、時間などシーケンスデータの作成、編集、保存、転送、プレビュー、実行制御、実行中のモニタ表示

電源変動試験

コントロールソフトウェア(電源変動試験)

停電、電圧上昇、電圧低下、位相急変、周波数急変など電源変動試験データの作成、編集、保存、転送、プレビュー、実行制御、実行中のモニタ表示など

任意波形作成機能

コントロールソフトウェア(任意波形作成機能)

波形生成、波形編集、波形間演算、圧縮伸張、転送、表示、ファイル操作

ロギング機能

コントロールソフトウェア(ロギング機能)

電圧、電流、電力など各種計測値のデータ取り込み、保存、レポート作成、データ解析

動作環境

  • CPU:300MHz以上(1GHz以上を推奨)
  • メモリ:128MB以上(512MB以上を推奨)
  • ハードディスク空き容量:64MB以上
  • ディスプレイ:1024×768ピクセル以上256色以上表示可能
  • OS:Windows 7, Windows 8.1, Windows 10 (いずれも32bit/64bit、日本語版/英語版対応)
  • インタフェース:USB1.1以上
  • ソフトウェアコンポーネント:Microsoft .NET Framework 4.0

リモートモニタ

交流電源を遠隔でコントロール

サービス概要

実験現場と離れた場所からでも監視・設定が可能に。

プログラマブル交流電源DPシリーズに、SIMカードを装着したLTEルータを接続して、リモート環境において状態監視と出力設定を可能にする新サービスです。

リモートモニタサービス 3年間無料キャンペーン
概要

実験室などに設置したDP シリーズにSIMカードを内蔵したLTEルータを接続し、専用WEBアプリケーションを通して、DPシリーズ本体の稼動状態をチェック。試験現場と離れたオフィスや在宅ワーク中でもご利用可能です。LTE回線など必要なものをご用意しているので、すぐに使用開始いただけます。

リモートモニタサービス イメージ
インターネット経由でDPシリーズの状態をモニタ
  • 出力電圧/電力の時間に伴う変動をグラフ表示
  • 多相出力時のベクトル表示
  • 1分間に一度データを収集
    収集したデータは期間を指定して確認できるので、異常発生時の状況も詳しく観察可能
モニタリング画面例

DPシリーズの出力を自在に設定
  • 出力電圧・周波数などの様々な設定や出力オン/オフを実行可能
  • 設定した時間の経過後に出力オフするタイマー機能を搭載、試験終了後に出力自動オフが可能
メールアラート機能

DPシリーズ本体に発生した、出力オフまたはシステムロックエラーを自動通知、試験の異常終了などをすぐ検知可能

設置も簡単・安心

オールインワン:必要なものを一式そろえ、接続も簡単(LANケーブル、SIMカード、LTEルータ)
簡単設置:社内ネットワークを介さずに、LTEルータを接続するだけの簡単設定。同じ社内にあっても社内ネットワークとは独立
安心のセキュリティ:全通信経路をTSL/SSLで暗号化、情報漏洩にも対応。本体からLTE回線までも含めた経路も暗号化

本サービスは日本国内のみでご利用いただけます。

WEBアプリケーション

出力電圧/電力 時間推移グラフ

各相の電圧・電力の変化をクラウドサーバに蓄積しているので、長期にわたる試験において DP シリーズのモニタが可能です。スクロールバーを操作して特定の時期を確認したり、さらに見たい時間帯を拡大して詳細に確認することも可能です。多彩な機能を備えたデータビューワーです。

WEBアプリケーション画面例(出力電圧/電力 時間推移グラフ)
電圧/位相表示

多相出力時の各相の出力電圧と電力がベクトル表示されます。電圧値と電力値が確認出来ます。

WEBアプリケーション画面例(電圧/位相表示)
基本設定

電源の出力電圧や周波数をはじめ、出力レンジや多相出力時の位相角、パワーユニットの通電 / 非通電設定まで、様々な設定が可能です。

WEBアプリケーション画面例(基本設定)

主な仕様

専用WEBアプリケーション
Viewer 機能 出力電圧・電力計測値の推移グラフ、
出力電圧・電力計測値のベクトル図
更新ボタンを押したときに最新状態を表示、自動更新はしません。
基本設定機能 以下の情報を設定・表示。
出力モード(AC/ACDC/DC、信号源 INTのみ)、出力レンジ、周波数設定値、 電圧設定値、開始位相/終了位相、出力相構成(表示のみ)、 パワーユニット通電設定、出力オン/オフ、タイマーオフ 等
エラー情報の表示 最新(最終)のエラー情報が表示されます。
推奨動作環境 OS: Windows 10 最新版、ブラウザ :Chrome 最新版
メールアラート DP シリーズ本体に出力オフまたはシステムロック発生時、登録ユーザあてエラー通知メールを自動送信。
DP シリーズ本体にてエラー解除を行ってください。
アカウント登録/
製品登録
アカウント情報(お名前、メールアドレス、パスワードなど)、
製品情報(製造番号、製品登録パスワードなど)
構成品 LTE ルータ、AC アダプタ、LAN ケーブル、SIM カード、取扱説明書、
製品登録パスワード通知書
LTE ルータ(電源入力:AC100V 50/60Hz、
外形寸法:約 130(W)×130(D)×37(H)mm(突起部除く)、質量:約 0.2kg)
  • LTEルータはDPシリーズ本体に常時接続してください。
  • 無線通信を行うため、安定して通信可能な場所にLTEルータを設置してください。
  • 付属のLTEルータを使用して当社クラウドサービスを閲覧した場合のみ、専用WEBアプリケーションの動作を保証します。
  • SIMカードは貸与品です。本サービスのご利用を終了する場合は返却いただきます。 

お申し込み

ご注文
  • リモートモニタサービスは、DP シリーズ本体ご注文時にお申込みください。
    年間サービス利用料 ¥36,000(税抜)
  • 本体ご注文時に指定するインタフェースは、LAN-IoT をお選びください。
    • LAN-LXI および GPIB では、本サービスを受けられません。
    • RS232C は使用できません。
設定手順
設定手順 納品→ネットワーク機器の接続→ユーザアカウント作成→製品登録→サービス開始

本サービスを利用している場合、本体付属のコントロールソフトウェア、低周波イミュニティ試験 ソフトウェア(DP0408 別売)は、USB経由のみで使用可能です。LANは使用できません。

便利な機能

豊富な機能で試験の生産性向上に。

パワーユニット通電

DPシリーズは、パワー部を1.5kVAまたは2kVA単位*でユニット化。負荷容量に合わせて、パワーユニットの通電/非通電を設定できます。消費電力を抑えた効率的な運転が可能です。万が一パワーユニットに故障が生じた場合、不具合のユニットを非通電にし、他のユニットだけで運転することも可能です。

  • 12kVAを超えるモデルではユニットあたりの電力容量が異なります。
  • 多相出力の場合、通電する各相のパワーユニット数は同一にします。
負荷容量にあわせて、パワーユニットを通電/非通電

その他の機能

  • USBメモリ
    USBメモリによって、設定や波形データなどの書き込み/読み込みが可能です。多数の電源に同一の設定をしたり、コントロールソフトウェアで作成したデータの読み込みに便利です。
USBメモリ対応
  • 外部信号入力
    SYNC(信号源の周波数を外部信号に同期)、VCA(出力電圧設定を直流信号で制御)、EXT(外部信号を増幅)、ADD(内部信号源に外部信号を加算)を装備しています。
  • 波形モニタ
    出力電圧または出力電流波形をモニタ可能。電流クランプなしで、オシロスコープによる電流波形観測ができます。
  • メモリ機能
    本体内部の不揮発性メモリに、各種設定を保存・読み出しができます。
  • 電源投入後出力オン
    電源投入時に、自動的に出力オンになる設定ができます。
  • 出力リレー制御
    出力オン/オフを高速に切り換えたい場合など、半導体スイッチによる出力オン/オフを選択できます。
  • 出力オン/オフ位相設定
    出力オン/オフ時の位相を0°~359°で設定可能。突入電流の測定に。

アプリケーション

データが示す実力 — 安定した出力波形

単相/三相入力機器の試験

単相入力の電子機器や三相モータを一台で対応可能なマルチ相モデルをご用意。単相/ 単相3 線/ 三相出力を切り換えて使用できるので多彩な試験が一台で可能です。
また、20ms 以内なら100% の逆潮流(回生)に対応します*

  • DP060LM / DP120LM / DP180LM / DP240LM / DP360LM のみ
  • マルチ相モデル
単相/三相入力機器の試験

大型産業機器の試験

空調用冷却ユニット、医療機器、大型印刷機、半導体製造装置など、大型産業機器の各種試験に。
最大三相144kVA システムの構成が可能です。

  • 大容量モデル
大型産業機器の試験

海外における試験・検査

海外拠点の生産ラインや評価試験などに。

  • 出力電圧・相などを変更して、仕向け地にあった評価試験に対応。
  • 出力電圧は160V/320V、新興国向けに広範囲の電源変動試験や、高い信頼性が求められる社会インフラ向けに厳格な電源試験に。
  • 電源入力は単相、三相3 線200V、三相4 線380V から注文時指定*
    国内と同じモデルを拠点の設備にあわせて導入可能。
  • 輸出に適した海外(中国・アジア等)向けモデルもご用意。
  • 指定できる電源入力は機種によって異なります。
  • DP-Gシリーズ / DPシリーズType K
海外における試験・検査

蓄電システムの評価

電力ピークカットや災害対策などに用いられる蓄電システムの評価に。
商用電源の模擬として、インバータを通して蓄電池への充電、または家電や系統への電力供給など様々な動作状態の評価が可能です。
蓄電池模擬電源もあわせてご提供可能です。

  • DPシリーズ Type R
蓄電システムの評価

低周波EMC試験

エミッション試験およびイミュニティ試験向け交流電源として豊富な納入実績。
試験に必要な各種周辺機器およびソフトウェアを用意しています。

低周波EMC試験

V2G/V2Lの検証

EV 内蔵の蓄電池を用いたV2G やV2L の検証が進められています。
EVが接続される商用電源の模擬として、充電器の仕様にあわせて単相、単相3線および三相出力がお選びいただけます。

  • DPシリーズ Type R
V2G/V2Lの検証

仕様
外形寸法

仕様

外形寸法

筐体のタイプは容量によって異なります。容量と筐体のタイプについてはラインナップPDFをご覧ください。

DPシリーズラインナップ

Type1

外形寸法(Type1)
単位:mm

Type2

外形寸法(Type2)
単位:mm

Type3

外形寸法(Type3)
単位:mm

Type4

外形寸法(Type4)
単位:mm

Type5

外形寸法(Type5)
単位:mm

Type6

外形寸法(Type6)
単位:mm

Type2-L

外形寸法(Type2-L)
単位:mm

Type4-L

外形寸法(Type4-L)
単位:mm

Type5-L

外形寸法(Type5-L)
単位:mm

Type6-L

外形寸法(Type6-L)
単位:mm

付属品
オプション

付属品

  • 取扱説明書  1
  • CD-ROM  1
    • コントロールソフトウェア
    • LabVIEWドライバ
    • 取扱説明書(リモート制御)
    • コントロールソフトウェア取扱説明書
  • 制御ケーブル(D-sub 25pin)*1  1
  • フェライトコア(大)/フェライトコア(小)/結束バンド*2  1
  • スタビライザ(7.5kVA~12kVAモデル)  1
  • DP160LS、DP420LS、DP480LS、DP060LM、DP120LM、DP180LM、DP240LM、DP360LMのみ
  • DP045M、DP090Mのみ

オプション

オプションについてはDPシリーズ全機種価格表をご覧ください。

DPシリーズ全機種 価格表

ダウンロード

カタログ

価格表

DPシリーズ/DPシリーズ TypeR 取扱説明書

DP240S/DP360S 取扱説明書

DP420LS/DP480LS/DP420LGS/DP480LGS 取扱説明書

DP060LM/DP120LM/DP180LM/DP060LGM/DP120LGM/DP180LGM 取扱説明書

DP-Gシリーズ 取扱説明書

DPシリーズ TypeK 取扱説明書

ファームウェア

ファームウェア DP-Gシリーズ(海外(中国・アジア等)向け)

アプリケーション

ドライバ

株式会社エヌエフ回路設計ブロックWebサイトはCookieを使用しております。引き続きWebサイトを閲覧・利用することで、Cookieの使用に同意したものとみなします。Cookie情報の取扱いに関しての詳細は、Webサイト利用規約をご覧ください。 Webサイト利用規約

Webサイト利用を続ける