株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

技術情報

技術用語集

スプリアス

スプリアス

  • Spurious
  • 寄生信号
  • 스퓨리어스

 

スプリアスとは、意図して出力する信号以外の成分全体を指す場合もあるが、一般的には、特定可能なクロストークや電源カップリングなど、ランダムノイズではない不要信号成分のことをいう。
信号発生器におけるスプリアスには、高調波スプリアスと非高調波スプリアスがあり、高調波スプリアスは基本波の整数倍の成分で、全高調波歪率に直接関係する。非高調波スプリアスは、信号発生器内部のCPUクロックや電源スイッチングパルス等、基本波とは整数比関係ではない成分を指す。

 

図1 不要信号の成分

図1 不要信号の成分

 

図2 正弦波出力時のスペクトラム図

図2 正弦波出力時のスペクトラム図

 

信号発生器のスプリアス性能は、一般的にキャリア(意図して出力している信号)とスプリアス成分との比をデシベルで表す。単位は[dBc](ディービーシー)を用いる。
仕様では、出力する周波数帯域をいくつかに分割し、その帯域ごとに定義する。
例えば、1MHz以下では-60dBc以下、1MHz~10MHzでは-50dBc以下のように表す。

 

関連技術用語

関連リンク