株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

技術情報

技術用語集

容量結合

容量結合

  • Capacitive Coupling
  • 电容耦合
  • 용량 결합

 

シールドされていない二つの導体間には、必ず静電容量が存在する。

インピーダンスがZの回路に、微少容量Csを通して周波数fnの雑音電圧enが結合すると、混入する雑音電圧の大きさは、次の値になる。

 

Vn=2πfn・Cs・Z・en (Cs は面積に比例し、距離に反比例する。)

 

容量結合を無視できないときは、信号源、接続ケーブルおよび雑音源に静電シールドを施す。すなわち、導体で覆って基準電位に接続する。

また、ラックや机など、周りの導体(金属)も、基準電位に接続することが望まれる。電位差のある部分の距離が変動すると電荷が発生するので、高インピーダンスや高電圧の部分は機械的にしっかり固定する。

 

図

シールドされた測定系の信号源インピーダンス1kΩに、わずか0.1pFの結合容量で商用電源100Vが漏れ込んでも、測定器の入力には3μVの雑音となって混入する。

 

関連リンク