株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

技術情報

技術用語集

電磁誘導

電磁誘導

  • Electromagnetic Induction
  • 电磁感应
  • 전자기 유도

 

電磁誘導とは、磁束が変動する環境下に存在する導体に電位差(電圧)が生じる現象である。この電磁誘導を動作原理とする電気機器には、発電機やインダクションモータ、トランス、IH調理器、非接触充電器などがある。

 

微少信号の計測では、外部雑音の影響を受けないようにすることが大事であるが、電磁誘導によっても雑音が混入するので対策が必要である。

雑音源で発生した磁束が信号回路に鎖交すると、電磁誘導作用によって雑音が混入する。

雑音源の電流 In (周波数 fn )が相互インダクタンス M で結合すると、誘導される雑音電圧の大きさは次の値になる。

 

Vn=2πfn・M・In (Mは磁束が鎖交する割合に比例する。)

 

高い周波数では、継ぎ目のない導体で覆うと磁気シールドの効果がある。

低い周波数では、パーマロイなどの透磁率の高い高価な材料が必要なので、誘導を受ける実効ループ面積を小さくするのが実用的である。

具体的には、次のような対策をとる。

  • 信号ケーブルを撚る
  • カッド撚りにする
  • 同軸構造にする
  • 接地面にはわす

雑音源側のケーブルも同様である。

また、磁束の強いところを避け、磁束と交わる面積が小さくなるように配線する。

 

図

 

図 図

 

関連リンク