株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

技術情報

技術用語集

チェビシェフ特性

チェビシェフ特性

  • Chebyshev Character
  •  切比雪夫特性
  •  체비셰프특성

 

通過域にリプル(振幅特性のうねり)を許容させることで、遮断周波数近辺の減衰傾度を大きくしたフィルタ特性。

回路構成はバタワース特性と同じ程度で可能であるが、設計に多少手間がかかる。

通過域の利得が平坦ではないので注意が必要である。リプルの大きさは設計で決めることができるが、リプルと減衰傾度はトレードオフの関係になり、両立しない。また、減衰傾度を大きく設計すると過渡応答特性が悪化するので注意が必要。

バタワース特性と同程度の回路構成で、減衰傾度を大きくとりたい場合などに使われる。

 

【特徴】

・通過域にリプル(振幅特性のうねり)を許容することで、遮断周波数近辺の減衰傾度を大きくした特性

・回路構成はバタワースと同程度であるが、設計に手間がかかる

・過渡応答でリンギングが大きい

【用途】

・バタワース程度の回路構成で、減衰傾度を少し大きくとりたい場合

 

振幅特性

 

位相特性

 

ステップ応答特性

関連リンク