株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

技術情報

技術用語集

系統連系

系統連系

  •  Grid connection
  •  系统连接
  • 계통연계

 

電力会社の送電網や配電網を系統という。この系統に、自家用発電設備を接続することを連系という。家庭用の太陽光発電など(<50kW)は、低圧の配電線と連系され、風力発電やバイオマス発電など(≧50kW)は高圧の送電線と連系される。
この発電設備から系統へ電力が流れることを「逆潮流」という。
余剰電力を電力会社に売電する場合や、ほんの少しでも逆潮流があれば「逆潮流あり」と見なされて規制が厳しくなる。
系統連系は、資源エネルギー庁の通達が定める「電力品質確保に係わる系統連系技術要件ガイドライン」によって厳しい規定や制約が設けられている。

 

送電線と配電線

送電線と配電線

 

 

電力会社の配電線(系統)

 

電力会社の配電線(系統)

逆潮流

逆潮流なし

 

逆潮流あり

 

系統連系を行う発電システムは、「逆潮流あり」と「逆潮流なし」の二つのタイプに分けられます。

通常、逆潮流なしの場合は必要な電力を自らの発電システムで賄い、不足する分だけを系統から補充します。逆潮流ありの場合は、必要な電力を自らの発電システムで賄い、不足する分は系統から補充しますが、余った分は売電することができます。

近年では「逆潮流あり」の魅力が高まっており、多くの分散型電源*は逆潮流できるようにしています。

しかし、逆潮流を行うには様々な規定や制約があります。

例えば、発電所の事故や災害などで停電したときには、系統側へ逆潮流してはいけない決まりになっています。逆潮流を行うタイプでは、この停電検出がひとつの重要な技術になっています。

色々な場所で様々な分散型電源が連系している状況では、停電そのものを検出・判断することが難しくなっているからです。

 

*分散型電源:大型火力発電所のような大規模な発電所に対して、需要地の近くに分散・配置して発電する小規模な発電設備群のことをいう。

関連リンク