株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

技術情報

技術用語集

ロードレギュレーション 

ロードレギュレーション ( 出力電流変動(率)、負荷(電流)変動(率)、(出力)電圧変動(率) )

  • Load Regulation
  • 负载调整率
  • 로드레귤에이션

 

アンプや直流電源、交流電源などにおいて、負荷が変動すると出力電圧(または電流)もわずかに変動する。これをロードレギュレーションという。

 

ロードレギュレーション=

 

E0 EL

×100(%) (電圧出力時)・・・式1

式

E0

 

  E0:無負荷時の電圧

  EL:定格負荷時の定格電圧

 

このとき、商用電源電圧とか環境条件等の負荷条件以外は一定とする。
定電圧アンプにおいては、出力インピーダンスが大きくなると、ロードレギュレーションは悪化する。
出力インピーダンスを R0= R01+ R02 とすると、

 

EL

RL

×(Ei×A)・・・式2  となる。

式

RLR0

 

  R01:アンプの出力インピーダンス

  R02:アンプから負荷までのインピーダンス

  Ei×A:アンプの無負荷時の出力電圧=E0

 

 

図1

 

図1 試験回路

 

 

 図2

 

図2 ロードレギュレーション

技術用語集

ロードレギュレーションは、交流電源の重要な仕様のひとつです。理想的な電圧出力の電源(定電圧源)は、出力インピーダンスはゼロオームなので、結果としてロードレギュレーションはゼロとなります。

現実の定電圧源、すなわち私たちの作る電源の場合、残念ながら(悔しいですが)わずかながら出力インピーダンスが存在し、負荷との分圧が発生します。

これがロードレギュレーションとして現れてしまいます。

なお、式1では、トランスに関するJISに準じた無負荷時を基準にしています。

しかし、JISでも定格負荷を基準にした規格もあります。実際の仕様では、どちらで計算されても良いように、極性なしか、プラスマイナスを付けた表現にしています。

また、% 表示ではなく、絶対値(電圧値)で示す場合もあります。

関連リンク