株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

技術情報

技術用語集

スルーレート

スルーレート

  • Slew Rate 
  • 转换速率
  •  

周波数帯域がDC~∞Hzの仮想アンプの入力に、立ち上がり/立ち下がり時間が0秒の理想方形波を入力したときの出力方形波が、1μsの間に変化する電圧をスルーレートと呼ぶ。
アンプ等の出力信号が変化可能な最大速度であり、通常、1μsあたりに変化できる最大量として、V/μs(あるいはA/μs)で表す。
スルーレートで制限されることにより、方形波は台形波に近い波形になり、正弦波は三角波に近い波形になる。
現実のアンプでは周波数帯域は有限なので、立ち上がり時間は周波数帯域によっても制限される。
スルーレートによる波形ひずみの特徴は、振幅を変えると形が変わることである。周波数帯域による波形ひずみでは、振幅を変えても波形は相似形を保ったままで変化しない。

ステップ応答波形例
アンプで実際に出力できる振幅・周波数は、周波数帯域ではなくスルーレートにより制限される場合が多い。
大振幅が必要な場合のほとんどで、スルーレートによる制限は周波数帯域を下回ります。周波数 f、振幅 Aの正弦波の最大スルーレートは、波形関数 A・sin(2πft) の微分係数の最大値である A・2πf となります。
パワーアンプを使用する時には、周波数帯域と同じくらいスルーレートにご注意ください。スルーレートが不足していると、定格周波数帯域以下でも必要な振幅が得られません。
また、信号ひずみを避けたいときは、信号のスルーレートの数倍以上のスルーレートを有するアンプが必要です。

関連リンク