株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

 

main

       
     
Bio

 

 

 

   

 

 

   用途に合せて選択可能な低雑音増幅システム


  バイポーラ入力タイプ FET入力タイプ
入力抵抗 100kΩ 1MΩ
周波数特性 DC~1MHz DC~20MHz
雑音特性 1.3 nV/√Hz 2.5 nV/√Hz

入力方式 : 差動入力

■   バイポーラ入力タイプ

     低抵抗のセンサを低ノイズ、低ドリフトで
     サポート。


 
■   FET入力タイプ

     低抵抗から高抵抗のセンサまで幅広く対応。


 

 

   目的に合わせて使える便利な機能を搭載


フロント   フロント 

リア   リア 
各種機能はフロント/リア パネルのスイッチまたはボリュームで制御可能

■  入力結合方式

 :DC/AC

 
■  入力モード切替機能

 :差動入力/片線接地入力/GND

 
■  入力換算オフセット電圧調整機能

 :調整範囲±100μV(volume)

 
■  ローパスフィルタ設定

 :THRU(LPF無効)
    /LPF(LPF有効)
    (fc=1MHz)

 
■  アンプGND切替機能

 :電源の接地電位/FLOAT
 

 

 

 

■ 信号源抵抗に対する入力換算総合雑音電圧密度

 バイポーラ入力は、低信号源抵抗において雑音特性に優れている

 FET 入力は、信号源抵抗に依存せず、安定した低雑音特性

point
point

■  用途にあわせた多チャネル化

■  入力インピーダンス  センサの出力抵抗にあわせて変更可能

■  シングルエンド入力  さらに低雑音が要求される信号の場合には、シングルエンド入力に対応可能

入力換算雑音電圧密度  0.8 nV/√Hz(バイポーラ入力), 1.6 nV/√Hz(FET 入力)

■  目的にあわせて機能を絞り込むことにより、さらなる小型化・高密度実装に対応可能

マルチチャネルアンプのみならず、ポストアンプやA/D 変換等、測定系全体についてもご提案いたします。