株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

電力用試験機器

電圧4相電流4相保護リレー試験器

RX4744

特長

 

電圧4相・電流4相出力 

電圧4相(最大250V)、電流4相(最大20A)を同時連続出力可能です。全出力相毎に絶縁されています。
また、全相合計で、1100VA の連続出力が可能です(電源電圧180V以上)。

相あたり最大20A(10V)、4相並列で80A(10V)、2相直列で20A(20V)を2相、4相直列で20A(40V)の電流を出力できるので、旧式の87リレー(比率差動継電器)や51リレー(過電流継電器)の試験を行うことも可能です。
さらに、電圧4相・電流4相の多相出力で、制御線の動作確認など多様な試験に対応しています。

 

従来機種との比較

写真は、自動試験ソフトウエア付システムです。

 

高確度 振幅・位相・周波数出力 

振幅・位相・周波数の高確度な出力により、計測器を使わなくても、保護リレーの正確な動作値・復帰値を得ることができます。

微小電流出力 

400mA/5mA の微小電流出力を装備しています。
電流1相の出力レンジとして、400mAレンジまたは5mAレンジを選択した場合に、アナログ出力端子から出力されます(設定分解能0.01mA, 0.001mA)。この出力を使用すると、高電圧配電用地絡方向継電器(67リレー)の試験をZCT(零相変流器)なしで行うことができます。

出力周波数 

50Hz 固定、60Hz 固定、内部可変(10.000Hz~500.000Hz)、0 相別設定、外部同期、ライン同期より選択。オプションで、周波数同期用のディジタル信号入力・出力を追加できます。*

*ご注文時オプション ディジタル同期 PA-001-2176

出力波形 

正弦波、電流高調波、直流、過渡応答波形再生(コムトレード)、任意波、振幅制限波を出力可能です。

正弦波

正弦波出力では、平衡三相、1LG、2LS、2LG設定が可能です。

電流高調波

2次~25次の高調波を加算可能。保護リレーの高調波抑制試験を行うことができます。また、非同期高調波の設定も可能です。

過渡応答波形再生

コムトレード書式(アスキーデータ形式、整数値型)による過渡波形データを電圧出力0~3、電流出力0~3に再生します。

任意波形*

任意波AC およびAC+DC を出力可能です。
(メモリ数16、波形長32kワード、振幅分解能16ビット)

*ご注文時オプション PA-001-2193 

振幅制限波形*

半波整流波形を出力できます。

制限率: 100.0% ~ -30.0% (制限極性 +)
30.0% ~ -100.0% (制限極性 -)

*ご注文時オプション PA-001-2194

カウンタ内蔵 

急変動作の試験用にタイムカウンタを内蔵。保護リレーの動作時間・復帰時間(動特性)などを計測でき、計測結果は、試験結果メモリに保存可能です。単体試験では、インタバル(内部)/ワンショット/トレイン/動作・復帰/インタバル(外部)の5モードから選択、総合試験では、トリップ時間、リクローズ時間、再トリップ時間を計測します。また、チャタリング除去機能も備えています。

 

カウンタ設定

▲カウンタ設定

オプションでカウンタ1~3のスタート信号とストップ信号を任意に設定する機能を追加できます。*

*ご注文時オプション カウンタスタート/ストップ信号自由設定
  PA-001-2678

   

 

カウンタスタート/ストップ信号自由設定 

トリップ1~3 を同時に測定したいなどの要望に対応し、カウンタ1~3 のスタート信号/ストップ信号を任意に設定可能なオプションを用意しました。

(対応ファームウエア Ver.1.4.1.0)

 ※ご注文時オプション PA-001-2678

 

カウンタスタート/ストップ信号自由設定

ベクトル表示機能 

ベクトル表示機能は、各相の電圧電流設定の振幅および位相をベクトル表示します。さらに1相~3相設定を対称座標法で変換してベクトル表示することも可能です。

 

※ファームウエアVer.1.3.0.0以降が必要です。 

 

ベクトル表示機能

相切換機能 

相切換機能は1~3相設定を切換える(回転する)、または0相を位相回転する機能です。

試験時の各相の設定に便利です。

 

※ファームウエアVer.1.3.0.0以降が必要です。 

 

 

相切換え機能

 

メモリ機能 

試験設定メモリと試験結果メモリを装備しています。
試験設定メモリでは、パネル面に設定したパラメタを各動作モードにつき32通りまで保存可能。また、初期設定値の50Hz地域用と60Hz地域用を含めて、合計34通りを任意に呼び出し可能です。
試験結果メモリは、試験条件と試験結果(カウンタ計測・演算値等)を各動作モードにつき32通りまで保存できます。

試験設定および試験結果はUSBメモリに保存可能です。

 

各種入出力 

保護リレー試験に必要な多彩な入出力を装備しています。

 

標準装備

動作スタート入力、トリップ入力, リクローズ入力、プリトリガ出力、急変指令出力、

周波数同期信号入力、周波数同期信号出力、アナログ出力、制御電源出力端子

オプション

トリップ入力2~3, リクローズ入力2~3、電圧モニタ端子0~3、電流モニタ端子0~3、

ディジタル同期信号入力・出力

 

各種入出力

*オプション(ご注文時に指定)

試験モード 

急変やスイープをはじめ、単体試験/総合試験用の各種動作モードを備えています。総合試験用として、コムトレード書式に対応した「過渡波形再生モード」を標準装備。オプションの動作モードも豊富です。

単体試験用動作モード

ホールド急変モード

定常・永久故障を模擬

ノンホールド急変モード

アーク故障を模擬

95試験モード 周波数リレーを試験
通常スイープモード 定常・故障の間をスイープ
ベクトル直線スイープモード 定常・故障の振幅・位相ベクトル上を直線スイープ
トランス突入電流模擬モード*1

半波整流波形を過渡減衰スイープしてトランスの突入電流を模擬するためのモード

SOR 試験モード*2  脱調検出リレー(Step Out Relay)を試験するための出力急変モード

*1ご注文時オプション PA-001-2195

*2ご注文時オプション PA-001-2196

 

ホールド急変 メイン画面

▲ホールド急変 メイン画面

 

ホールド急変 電圧/電流設定

▲ホールド急変 電圧/電流設定

     

ホールド急変 2LS/1LG

▲ホールド急変 2LS/1LG

 

95試験

▲95試験

 

総合試験用動作モード

急変動作モード 動作シーケンス、故障方向、三相出力、0 相動作
過渡波形再生モード コムトレード書式に対応した過渡波形再生モード

リアクタンス協調モード*3 脱調ロックモード*3
脱調ロック解除モード*3  I0(ゼロ) 遅延モード*3

*3ご注文時オプション PA-001-2198で、上記4つのモードが追加されます。

総合試験で模擬遮断器が必要な場合は、RX470031 三相模擬遮断器RX04701 保護リレー試験ソフトウェア等を組み合わせてご使用ください。

 

過渡波形再生

▲過渡波形再生

 

総合試験:急変

▲総合試験:急変

 

端子保護カバー 

フィールド・ユースを考慮して、リアおよびサイドの端子を保護するためのカバーを標準装備しました。

端子保護カバー

 

最新ファームウエア

フィールド試験における利便性、操作性、画面の視認性の向上を図るため、ファームウエアをバージョンアップしました。

最新版ファームウエア Ver1.4.1.0 おもな改良点

1 各相個別に出力オン/オフ可能
2 出力中に相切換操作可能
3 電圧/電流画面にカウンタ計測値、計測回数を表示
4 総合試験 動作スタート信号待ち時にプリトリガ時間機能有効
5 遮断・投入時間設定 0ms(同一信号における総合試験動作シーケンス対応)
6 総合試験 脱調ロック・解除のスイープ時間最小値/分解能の変更 0.1s → 0.001s
7 総合試験モードのステータス表示
8 総合試験 急変動作、リアクタンス協調、IO 遅延の各モードで、故障方向「自由設定」画面の入力補助機能追加
9 単体試験 通常スイープモード、ベクトル直線モード手動スイープ時に、線間電圧・零相電圧の演算値を表示
10 外部制御コマンドから出力中に発振設定(電圧・電流、位相、周波数等)を変更可能
11 振幅制限波の出力相を指定(指定しない相は正弦波出力)

その他、画面の視認性、操作の直感性など、試験の効率を向上するため、細部に改良を加えました。

 

各相個別オン/オフ、相切換

 

電圧/電流設定画面にカウンタ表示

各相個別オン/オフ、相切換 電圧/電流設定画面にカウンタ表示
     

 総合試験 ステータス表示

 

単体試験 線間電圧・零相電圧表示

総合試験 ステータス表示   単体試験 線間電圧・零相電圧表示
     

振幅制限波の出力相指定

   
振幅制限波の出力相指定