株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

電力用試験機器

新製品パワーアナライザ

PA7シリーズ

特長

低周波から高周波、小電力から大電力まで、ダイナミックな電力測定をサポート。

 

フロント

PA7-12-20A4 (12相, 20A直接入力) 

 

 

 

最大12相、AC・DC測定可能

1モジュール・4相入力で、インバータのDC入力と三相AC出力を同時に評価できます。
さらに、1筐体で最大12相入力(3モジュール)まで拡張できるので、これまで複数台のアナライザが必要であった多様な電源系を含むシステムの評価が1台で可能です。最大9相の多相システムにも対応します。
  モジュール

4相入力(電圧・電流)

 

18 ビット、1000V のワンレンジで変動の大きな測定に

モータの起動から停止までの変動が大きな電力測定に対応する広いダイナミックレンジを実現。微小電力もレンジを切り換えずに測定でき、高い測定確度を維持します。

 

  モータの起動から安定するまでの測定

▲ モータの起動から安定するまでの測定

 

最大2M サンプル/ 秒, 1TB ストレージ

インバータの起動からフルパワー動作、停止などの一連の電力変化を1TB 大容量ストレージに集録できます。
目では追えない刻々と変化する電力を測定・集録し、繰り返し再現できるので、開発段階における設計の検証や品質解析などで、威力を発揮します。
各種パラメタにプリトリガ・ポストトリガを設定し、任意の範囲を集録可能。測定効率アップには便利な機能です。

基本確度±0.06%

0.2A/2A/20A の3 種類の電流直接入力モジュールにより、高精度測定を実現します。
DC確度も± 0.07 of reading ±0.07 of range と、正確で安定した電力測定が可能です。

高速データ更新1ms

内蔵のハイスペック高速PC と高機能電力測定ソフトにより、高速1ms のデータ更新レートを達成。
電力が著しく変化するトランジェント現象も確実に測定することができます。

波形解析機能

オシロもデータレコーダも不要。必要な電力パラメタを自在に集録・再生できます。
データ集録を止めることなく、過去のデータをモニタできるDejavu(デジャヴ)機能により、気になるポイントをいつでも確認できます。

高度な演算機能

四則演算、フィルタ、積分演算のほか、最大1000次までの高調波解析、フリッカ・フリッカエミッション機能を搭載しています。また、最大9相まで、各種電力パラメタの演算が可能です。ユーザが演算項目を自在にカスタマイズすることができます。

電流直接入力/ センサ入力

高精度測定対応の電流直接入力と大電流用の電流センサ入力を用意しています。

 

電流直接入力

 

電流センサ入力

電流直接入力
安全バナナ(オス)

 

電流センサ入力
D-sub 9ピン

ISO 17025校正

A2LA(米国試験所認定協会)認定の校正サービスを利用できます。

基本波周波数 0.2Hz~ 200kHz

基本波周波数0.2Hz~200kHz、最大1000次の広帯域高調波解析が可能です。
モータの基本波解析をはじめ、パワーコンディショナの出力波形やワイヤレス給電の伝送波形の解析に適しています。

自在な画面レイアウトが可能な電力解析

数値表示、各種波形解析やベクトル波形表示など、目的にあわせて、9インチ高解像度ディスプレイ上で自在な画面レイアウトが可能です。あらかじめ用意されているグラフィカルな結線図により、複雑な設定をサポートします。

三相測定

三相測定

6相測定 (6相モータ)

6相測定

豊富なインタフェースを装備

 

 

<背面>

背面