株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

プログラマブル交流電源

DPシリーズ

基本性能

Strong & Smart

出力特性

出力モード

  AC/DCモード 信号源モード
単相モデル AC、AC+DC、DC INT、VCA、SYNC、EXT*、ADD*
マルチ相モデル(単相出力)
単相3線モデル AC、AC+DC INT、VCA、SYNC
三相モデル
マルチ相モデル(単相3線/三相出力)
多相システム

*オプション

 

ACもDCも出力 --- 広がるアプリケーション

 

  • ACモード
    40Hz~550Hzの交流を出力するモード。出力の直流成分がキャンセルされますので、直流成分によってコアが磁気飽和を起こすトランスの試験にも対応可能です。
  • AC+DCモード
    直流に交流成分を重畳、あるいは交流に直流成分を重畳(オフセット)させる場合、1Hz~40Hzの交流出力時、直流を含む信号を増幅する場合に使用するモード。電圧急変、位相急変などの一時的に直流成分が発生する電源変動試験ではこのモードを使用します。DC-DCコンバータのノイズ重畳試験やコンデンサのリップル試験などが可能です。
  • DCモード
    直流のみを出力するモード。比較的低電圧の出力でも高いSN比を実現。電流リミッタ機能と併用することで、直流電源として高いパフォーマンスを発揮します。
    ※単相モデル、マルチ相の単相出力時のみ

 

出力電圧・周波数

最大出力電圧は単相310V で、三相480V の110% 試験が可能です。カスタム対応で、単相320V 出力に拡張することにより、三相480V の115% 試験も可能となります。

AC 100Vレンジ 200Vレンジ

分解能

出力電圧 0V~155V 0V~310V 0.1V
周波数 AC:40Hz~550Hz
AC+DC:1Hz~550Hz
0.1Hz

DC 100Vレンジ 200Vレンジ

分解能

出力電圧 -220V~+220V -440V~+440V 0.1V

直流出力

直流出力容量は、一般的に交流出力の50%~75% 程度ですが、
DP シリーズは交流と同容量の直流を出力します。
シーケンス機能 付の最大440V出力可能な高速直流電源として
使用できます。
また、Type R ならば、バイポーラ電源としても使用可能です。

  acdc 

ステップ応答特性の比較

 立ち上がり 立ち下がり  line  立ち上がり  立ち下がり 

▲DPシリーズ

 

▲汎用直流電源

出力電流変動

±0.15V以内(75V~150V)/±0.30V(150V~300V)
(出力電流を最大電流の0%~100%に変化させた場合 DC, 45Hz~65Hz)

最大ピーク電流

最大電流(実効値)の4倍*(クレストファクタ4のコンデンサインプット型整流負荷に対応)
*DP420LS/DP480LSは最大電流(実効値)の3倍

波形ひずみ率 0.5%以下

低ノイズ・高ロバスト性

伝搬・放射ともにリニアを超えた低ノイズ。応答特性切換え不要で、C 負荷もL 負荷も安定駆動。

データが示す、DPシリーズの実力 詳細を確認