株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

微小信号測定器

新製品精密低雑音直流電圧源

LP6016-01

アプリケーション

 

測定システム ─機器の制御電圧源・センサなどのバイアス電圧源に。─

製品検査 ─電子部品のテスト用制御電圧源・基準電圧源に。─

 

測定システム ─機器の制御電圧源・センサなどのバイアス電圧源に。─

【例】 フォトダイオード

バイアス電圧源として使用することにより、検出信号の SN 比が向上します。

フォトダイオードからの信号を検出する場合、検出信号はバイアス電圧源によって大きく変化します。
生体信号などの微小信号の検出精度向上には、低雑音バイアス電圧源を使うことが重要です。

 

実測例

バイアス電圧を供給した時の検出信号の比較

下記の測定ブロック図の構成で、バイアス電圧源として一般的に使われているリニア電源とLP6016-01 の検出信号を測定し、観測した結果です。

  LP6016-01 一般的なリニア電源

リアル
タイム
波形

img01

img04

平均化

img02

img05

スペクトル
で見る

img03

img06

  平均化により、波形を観測できます。 平均化しても信号周波数近傍の雑音に
   より、波形が観測できません。

 

測定ブロック図

 img07

 

 

磁気センサ・光センサなど、高感度センサのバイアス電圧源として  SN比向上

 

 

製品検査 ─電子部品のテスト用制御電圧源・基準電圧源に。─

【例】 水晶発振器

制御電圧源として使用することにより、周波数のバラツキが低減します。

水晶発振器の位相雑音・周波数確度・周波数安定度などを評価する際、制御電圧源の安定度が評価結果に影響します。VCXO(電圧制御水晶発振器)の評価には、精密な電圧源を用いることが重要です。

 

実測例

VCXO の周波数測定 ~制御電圧源による出力周波数の比較~

下のグラフは、VCXO の制御電圧源として一般的に使われている基準電圧源とLP6016-01 を比較したデータです。
※グラフのΔ周波数は、制御電圧Vb=1.000V 時の出力周波数(約30MHz)を基準として差分を示しています。

LP6016-01 一般的な基準電圧源
img08 img10
img09 img11

10μVrms の低雑音かつ設定確度に優れ、出力電圧安定度の高い“LP6016-01” は、VCXO の評価
   に適しています。長時間にわたり繰り返して電圧を制御する出荷試験においては、良否判定の精度が
   向上し、歩留り改善につながります。

 

水晶発振器・半導体デバイスなど、電子部品のテスト用制御電圧源として 

出荷試験の歩留り改善