株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

カスタム応用製品

三相信号発生器

TG1703

 

環境・エネルギーソリューション

系統模擬電源の信号源に

 三相信号発生器 TG1703 

▲TG1703

TG1703は、当社製ES シリーズなどの交流電源や電力増幅器と組み合わせることで、電源環境試験などを行うことができる三相信号発生器です。

周波数、振幅、位相などの設定を定常状態と異常状態の2種類の状態として設定することで、定常状態と異常状態の間で急変またはスイープすることができます。

系統連系試験用途では、周波数フィードバック試験、ステップ注入試験、FRT試験などの複数台連系試験に必要な機能・仕様を備えています。 

 

  • 振幅設定範囲:0~3Vrms(正弦波)、0~4.Vpk(任意波)、設定分解能0.0001Vrms
  • 高安定度
  • 周波数範囲:1.00Hz~500.000Hz 、設定分解能1mHz
  • 1φ2W、1φ3W、3φ4W、3φ3W(V結線) が可能
  • 平衡モード/不平衡モード
  • 振幅係数機能
  • 高調波加算:0.5 次~64 次、0.5次単位
  • 電圧制御機能:外部電圧で周波数や振幅を可変
  • 外部加算機能:直流重畳や高調波重畳周波数スイープなどが可能
  • パネル設定メモリ:32個
  • GPIB 標準装備  

 

■系統連系試験の複数台連系に最適な機能

【周波数フィードバック試験】

  • 急変時間の波数設定可能(設定分解能0.01波)

【ステップ注入試験】

  • 出力オン状態で、高調波電圧をリアルタイムに設定可能
  • 高調波は、%または電圧(V)で設定可能
  • 電圧設定分解能0.01%で、微小な変化に対する試験に対応

【FRT試験】

  • 周波数スイープ時間を0.01秒から設定可能(設定分解能0.01秒)
  • スイープ時間をHz/sで設定可能
  • スイープ時のトリガ信号出力
  • スイープ開始位相設定により、同一条件で試験が可能

 

関連製品

系統連系試験システム 

分散型電源を系統に連系するため資源エネルギー庁のガイドラインが定められています。このガイドラインに規定された試験を自動で行うシステムです。

  系統連系試験システム

詳細