株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

カスタム応用製品

系統連系試験システム

 

 環境・エネルギーソリューション

太陽光、燃料電池、ガスエンジンなど、分散型発電の系統連系試験に。

-- 認証試験対応/生産ライン用、1台連系用/多数台連系用など、用途に合わせて柔軟にシステムアップ。

系統連系試験システム

▲系統連系試験システム

 

  • 試験項目別の手動検査と自動検査が可能、評価時間や開発期間の短縮に貢献
  • 各種出力容量の発電システムに対応
  • パワーコンディショナに合わせて、単相2線/単相3線/三相3線式の試験が可能*
  • 複数台連系試験対応
  • 公的機関から民間企業まで豊富な納入実績

*三相4線式についてはお問い合わせください。

 

技術資料:系統連系とその評価方法

 

分散型電源と系統連系のしくみ

 

各種試験要求に対応

  • 『電力品質確保に係る系統連系技術要件ガイドライン』  経済産業省 資源エネルギー庁
  • 『小型分散型発電システム用系統連系保護装置等の認証』  一般財団法人電気安全環境研究所(JET)
  • 『系統連系規定(JEAC 9701-2012)』  
 

2013年追補版1(蓄電池、燃料電池、ガスエンジンのFRT要件に関する規定の追加) 

一般社団法人日本電気協会

  • 『ステップ注入付周波数フィードバック方式(太陽光発電用パワーコンディショナの標準形能動的単独運転検出方式)』(JEM 1498)  一般財団法人日本電機工業会(JEMA)
  • 『小出力太陽光発電用パワーコンディショナの試験方法』(JIS C 8962)
  • 『系統連系形太陽光発電システム用パワーコンディショナの単独運転検出機能の試験方法』(JIS C 8963)

 

システム構成例

システム構成例

水色部分 で示された構成要素は、計測部ラックに収納します。

 

*1 パワーコンディショナの検出回路の試験用電源
*2 系統電圧、パワーコンディショナ出力、負荷装置の接続・切り離しなど、電力の流れを制御

試験対応表

(財)電気安全環境研究所 『太陽光発電システム用系統連系保護装置等の試験方法通則』で規定された試験項目のうち、当社で対応可能な試験

保護機能試験

交流過電流、直流過電流及び不足電圧、直流分検出、交流過電圧及び不足電圧、周波数上昇及び低下、逆電力防止、逆充電防止、周波数フィードバック機能、ステップ注入機能、単独運転防止1、単独運転防止2、復帰後の一定時間投入阻止、瞬時(不平衡)過電圧継電器有りのみ

定常特性試験

交流電圧追従、周波数追従、運転力率、出力高調波電流、漏洩電流(漏洩電流測定器が必要)、電圧上昇抑制機能、温度上昇(温度測定器が必要)、ソフトスタート機能

過渡応答特性試験

入力電力急変、系統電圧急変、系統電圧位相急変、系統電圧不平衡急変

外部事故試験

交流短絡、瞬時電圧低下、瞬時電圧低下(FRT)、周波数変動(FRT)、負荷遮断

耐電気環境試験

交流電圧歪耐量、系統電圧不平衡

自立運転試験

(自立運転機能を有する場合に適用される試験) 

 

複数台連系試験に対応

再生可能エネルギーを使用した分散型電源の大量導入が進むにあたり、パワーコンディショナは新しい試験が必要となります。

分散型電源が大量に導入された場合の課題

  • 複数台連系した時の単独運転防止機能の相互干渉により検出感度が低下。単独運転の検出遅延、検出不能が起こる。
  • 単独運転防止機能の能動方式により無効電力が注入され、周波数が変動し電圧が不安定になり、系統に接続されている機器に影響を与える。
  • 系統擾乱時、分散型発電の一斉解列により需給バランスが崩れ、停電が広範囲に及ぶ。
矢印

太陽光発電システムのパワーコンディショナの認証試験には、保護機能試験として、周波数フィードバック試験、ステップ注入試験、複数台連系時の単独運転防止機能、外部事故試験として、瞬時電圧低下(FRT)、周波数変動(FRT)などの試験が追加されます。

複数連系

 

エヌエフの試験システムは新しい試験に対応して、バージョンアップ

 

【周波数フィードバック試験】

  • 急変時間の波数設定可能(設定分解能0.01波)

【ステップ注入試験】

  • 出力オン状態で、高調波電圧をリアルタイムに設定可能
  • 高調波は、%または電圧(V)で設定可能
  • 電圧設定分解能0.01%で、微小な変化に対する試験に対応

【FRT試験】

  • 周波数スイープ時間を0.01秒から設定可能(設定分解能0.01秒)
  • スイープ時間をHz/sで設定可能
  • スイープ時のトリガ信号出力
  • スイープ開始位相設定により、同一条件で試験が可能

TG1703

▲三相信号発生器 

 

カスタマイズ事例一覧 →