株式会社エヌエフ回路設計ブロック
計測なんでもHOTLINE 0120-545838
Google

お知らせ:展示会

計測展2018 OSAKA

【終了いたしました。ご来場ありがとうございました。】

計測展2018

自動車、家電、医療機器、工場の生産設備など、あらゆるモノがインターネットにつながるIoTが進化するなか、 センサ技術と計測・制御技術はますます重要となっています。
NFブースでは、「センシング」をテーマに計測・制御ソリューションをご紹介します。 極微小静電容量を高い再現性で検出する技術を応用した静電容量式変位計のFAへの応用、 EV/HEV、自動運転など次世代モビリティ向けの試験・評価システムなどをご紹介します。 加えて、4つのテーマでセミナーを実施します。

展示会概要

  • 会期: 2018年11月7日(水)~2018年11月9日(金) 10:00~17:00
  • 会場: グランキューブ大阪(中之島・大阪国際会議場) 3階・10階 
  • 主催: 一般社団法人 日本電気計測器工業会(JEMIMA)

出展内容

従来検出できなかった距離における検出を実現

静電容量式変位計

静電容量式変位計、近接センサ 

センサからの信号を高精度に処理

レーダテストシステム

超低雑音増幅器
その他各種シグナルコンディショニング製品をご紹介

AE(アコースティック・エミッション)計測

機械学習を活用したAE計測の提案

AD/ADAS、V2X向けソリューション

レーダテストシステム

レーダ計測システム(計測技研)

EV向けモータ・インバータ・バッテリ試験に

レーダテストシステム

大容量・高電圧・大電流直流電源
    (千代田エレクトロニクス)

 

セミナーのご案内

エヌエフグループでは4つのセッションを担当します。
計測技術の新提案、IoT 活用事例、自動車関連試験の最新技術など、様々なテーマを取り上げます。ぜひご参加ください。

 

日時 タイトル 概要 会場
11月7日(水)
13:00~13:40

高精度測定を実現する

小型組込みモジュール

担当:エヌエフ回路設計ブロック

先端研究開発の分野では、高性能・多機能な信号発生器・信号処理/検出器等を設置して、アナログ信号を高精度に取得し、活用するという取組みがなされている。しかし、先端研究開発の成果を実際の現場で活用するには、高精度な計測が可能な小型・多チャネル・低コストのモジュールとして、機器に組み込む必要がある。

本セミナーでは、半導体検査装置やバイオエレクトロニクスなどの領域において、電圧・電流・インピーダンス・容量・インダクタンス等のアナログ信号の計測を高いSN比で実現する組込み型モジュールと、それらを用いた計測システムを紹介する。

1006会議室

[E-736]

11月7日(水)
14:15~15:00

JEMIMA委員会セミナー
【電子測定器委員会】

計測におけるIoTプラットフォーム活用事例

担当:エヌエフ回路設計ブロック

計測におけるIoTの応用とIoTプラットフォーム技術について解説する。蓄電システムのモニタリング、インピーダンス計測による電池劣化診断、地震計測ネットワークなどを取り上げ、IoTにより計測に新しい価値やサービスが付加される事例を紹介する。

※電子測定器委員会セミナー(13:30-15:00)のセッション後半です。参加受付は13:30までにお済ませください

1007会議室

[J-737]

11月7日(水)
15:00~15:40

極微小な静電容量の検出と

FAへの活用

担当:エヌエフ回路設計ブロック

極微小な静電容量を高い再現性で検出する新技術を開発し、センシングシステムに応用した。このシステムは、今まで検出できなかった距離の離れた電極間(例:70㎝)内の容量を高い精度で検出することができるのが特長である。本セミナーでは、システムを構成する計測モジュールと電極の特長および、ノイズの影響を受けずに計測する手法について解説する。また、高精度かつ長い検出距離による、液体・固形物の容器充填量の高速・高精度モニタリング、機械動作部の高精度位置検出、危険察知用近接センサなどのFA分野への応用事例を紹介する。

1006会議室

[E-756]

11月9日(金)
11:20~12:00

自動車関連試験ソリューション

~AD/ADAS HILS 最新技術~

担当:計測技研

自動運転(AD)・先進運転支援システム(ADAS)の普及が進むことにより、車両にはカメラ、レーダ、 LIDAR などのさまざまなセンサが搭載され、それらの情報を組み合わせて周辺環境を把握することが求 められる。本セミナーでは、「AD/ADAS HILS」をテーマにシナリオベーステストの概念を解説し、最新の レーダテストシステム(VRTS:Vehicle Radar Test System)を紹介する。さらに、シナリオベーステス トに深層学習を組み入れる方法についても取り上げる。

1006会議室

[E-916]